有限会社ESK設計一級建築士事務所のブログ


by esksekkei

<   2009年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

スウェーデン旅行記


昨年、アルバーアルトの建築ツアー参加しスウェーデンに行ってまいりました。
北欧の住宅は日本人の感性に大変合いますし、北欧の近代建築家としてもっとも影響力があったアルバーアルトの建築視察でき大変有意義な旅行となりました。
旅行中森の協会に立ち寄った際に名女優グレタ・ガルボのお墓を発見いたしました。
全く予期していなかったことなので大変驚きました。

ここで簡単ではありますが、グレタ・ガルボについて記載さしていただきます。
ご興味がある方は是非一読ください。



グレタ・ガルボ(1905~1990)
本名はグレタ・グスタフション スウェーデンのストックホルムに生まれる。
兄と姉が一人づついた。

グレタとはギリシャ語で「真珠」を意味するMARGARETの愛称である。
東洋系馴馬放牧民であるサーミ族の血を引くと言われる。

グレタは小学校を卒業後すぐに、デパートで売り子として働き始めた。
このころから舞台、映画の世界に惹かれるようになっていった。

当時、映画という新しい産業がスウェーデンでも育ち初めていた。その中でグレタは
十代の終わりからこの世界に参加していった。

グレタの抜きん出た美しさはすぐに評判となり花形スターと変貌していくのであった。
そしてアメリカでは、華々しい自動車産業が多くの新型車を取り揃えるのと同様に、勃興しつつあった映画産業は
新しい車が必要とされるのと同様に新しいスターが常に求められていた。

グレタは20歳のときにアメリカに渡り速やかに銀幕の女王となった。
同時代のアメリカには幾多の個性的な女優が全世界から集まっていたが、グレタはその中で最も際立った存在のみならず、女優以上の社会現象でもあった

グレタが演ずるどのヒロイン アンナ・カレーニナ、クリスティナ女王、ニノチカも一度スクリーンで見たなら、一人の女性ではなく永遠の存在を思わせた。
グレタ自身が望んだことか、映画会社の商策なのかはわからないがグレタは私生活を殆ど明かさすに鉄道の時刻表を思わせる正確さで撮影所に入りその姿をフィルムに留めた
美しさの絶頂であった30代なかばで引退その後公の場に姿を現すことはなかった…

私はグレタが名女優であったかと言われれば、返事に窮する。だが私は、グレタがあの神秘的な美貌を最も巧みに操れた人であったと信じて疑わない。
グレタの残した名画の数々を見ればグレタが女優以上の存在どんなセリフも黄金の煌めきで満たせる魔術師であったと知るであろう。

ちなみに名匠ビリー・ワイルダーが晩年に残した「悲愁」という作品がある。これはワイルダーが映画界に残した別れの挨拶と呼ぶべき作品だと思うがこのヒロインはグレタがモデルであると言われている
[PR]
by esksekkei | 2009-08-11 19:20 | 旅行